暮らし彩るダイアリー
好きなコト・モノにアンテナを♡
芸能ネタ

薬用ビューネの懐かしいCM「おじさま!起きてパンスト履いて・・・」

今日はたまたま懐かしいCMを発掘しました。

薬用ビューネのCM

現在は竹内涼真くんなど、イケメンを「ビューネくん」と呼び、癒しの存在として表現していますね。

このイケメン出演バージョンも好きですが、私が印象深くて大好物なのがかなり昔、1995年か1997年頃のCMです。私は中学生か高校生だったと思います。

40歳前後の方はかなり聞き覚えがあると思うのですが、どうでしょう?(笑)

コレなんですけど・・・(笑)

おじ様!?起きてパンスト履いて会社行って帰って寝てるだけじゃないの!私なりにやってるの。
女だからとか女のくせにとか結婚しろとか!大きなお世話!私なりのやり方があるの!

それからお母さん、彼が長男だからって何だっていうの?お母さんの時代とはわけが違うの。同居とか別居だとかそんなの関係ないっ
(ナレーション)あとはビューネをすればよ~し、メナード薬用ビューネ さっビューネしよ~
4歳年下の妹とよく早口言葉みたいに言い合って遊んでいましたね。
言葉遊びというのかしら?(笑)

また一方では、が妹を語りが姉を語る、姉妹バージョンも印象的でした。

なんですと?」という美人で優等生キャラの姉のセリフが今でも脳裏から離れませんw

この姉妹バージョンのCMは見つからなかったのですが、時々むしょうに見たい衝動にかられますww

から見ると「妹は奔放で好きなことばっかりしています」と映る。そんなは彼氏に「お前俺いなくても大丈夫っしょ」と言われて心の中でパーンチ!と拳を繰り出す。

姉は昔から美人でモテて頭もよくて優等生でした。と語る

しかし、会社では受付係なのか?覚えてませんが

「君はただ笑ってればいいから」と上司に言われて

「なんですと?」と落ち込む美人なおちゃん。

このCMのやりとりを見て、なんだか私も感じるところがあって。。。

ていうのも3姉妹の真ん中なんですけど、姉ちゃんは私と違って優等生だったので、けっこうコンプレックスだったんですよね。当時の私はこのビューネのCMにどこかシンパシーを感じずにはいられませんでした。

子供だったけど、鮮明に記憶してるもんね。きっと心に響く何かがあるのです。

けっこう昔のCMって深いよなぁーと思う今日この頃です。

このエントリーをはてなブックマークに追加