暮らし彩るダイアリー
好きなコト・モノにアンテナを♡
心の叫び

WANDSが復活してた~!

先日、音楽番組で何十年ぶりにWANDSを観ました。

昔スラムダンクの主題歌を歌っていましたね。

小学校5・6年時はスラムダンクに影響されてバスケットクラブ部にも入ったほどです。運動オンチなのに(笑)。

特にボーカルの上杉さんが歌うまいのにイケメンで、ちょっとミステリアスな雰囲気が大好きでした。ミポリンと歌った「世界中の誰よりきっと」も好きでよく歌ったなぁ♡

そんな思い出深いWANDSですが、ついこないだ2020年7月18日、音楽の日に出演されていましたよね~。

トークとか見ないでたまたま歌ってるのをチラっと見たので、ボーカルが変わったことを知らずにですね・・・

「上杉さん、ずいぶんアンチエイジング頑張ったなぁ~!!まだまだ若い!!髪はフサフサだけどカツラかなぁ~?相変わらずイケメンだぁ!」

なんてマジで思ってたんですよ!!Youtube見る今日まで(笑)

そしたら、去年2019、新ボーカリスト(上原大史さん)を迎えての復活だったんですね!!知らなんだ~!!

あまりに違和感ない歌い方に上杉さんかと思ってしまいましたが、新しいボーカルの上原さんも素敵ですよね(*´ω`)。昔のヒット曲が違和感なく聴けて嬉しいなぁ♡

よくよく調べたら1997年の絶頂期に上杉さんは脱退されていました。し・か・も、その後2代目ボーカルが和久次郎さんになり何曲かシングルも出されていたらしい。

他にもメンバー入れ替え色々あって、2019年に第5期メンバーとして今回ボーカルが上原さんになったわけなんですね。WANDSの歴史、知らなんだぁ~!

そして、衝撃!最近の上杉昇さんのお姿がこちら♪

「世界が終わるまでは」を歌う元WANDSの上杉昇さん(現在48歳)※これを歌った時は47歳

見た目はだいぶ変わってワイルド?っていうより、ちょい悪オヤジにはなったけどw、あの声量感あふれる歌声は変わってませんな~♬

やっぱ、歳重ねて風貌は変わったとしても、ボーカリストは声が命。これからも唯一無二の素晴らしい歌声を届けてほしいですね。

WANDSの曲は青春時代を思い出させてくれます、どんな形であれよかった復活して!