心の叫び

【NHKニュース】うつ病の発症 ウイルスが持つ遺伝子が関与している可能性

今日の気になるニュース。

メモ代わりにブログに貼っておきます。

【NHK】うつ病の発症 ウイルスが持つ遺伝子が関与している可能性

※NHK webニュースから全文抜粋

うつ病の発症 ウイルスが持つ遺伝子が関与している可能性

うつ病の発症に、多くの人が幼い頃に感染する「ヘルペスウイルス」が関係している可能性があるとする研究成果を東京慈恵会医科大学のグループが発表し、うつ病発症のメカニズムや治療薬の開発などに役立つと期待されています。

この研究を行ったのは、東京慈恵会医科大学の近藤一博教授らのグループです。

グループでは、多くの人が子どもの頃に感染する「ヒトヘルペスウイルス6」というウイルスが脳の一部に感染すると、ウイルスが持つ「SITHー1」という遺伝子が強く働くことを突き止めました。

そこで、マウスの脳でこの遺伝子を人為的に働かせたところ、マウスの行動が変化し、うつによく似た症状がみられることが確認されたということです。

さらにグループが、うつ病の患者84人と健康な人82人の血液を調べたところ、うつ病の患者では79.8%の人でこの遺伝子が強く働いている反応があったのに対し、健康な人では24.4%だったということです。

このためグループでは、このウイルスの遺伝子が強く働くことが、うつ病の発症に関係している可能性があるとしています。

近藤教授は「これまで、うつ病の原因は、はっきりとは特定されていなかったが、ウイルスが関与している可能性が分かった。さらに研究が進み、発症の詳しいメカニズムが解明できれば、新たな治療薬の開発などにつながるはずだ」と話しています。

※追記(6月15日)第二報が出ました。

★要約すると・・・こういうこと。

①赤ちゃんの頃に突発性発疹になる(ヒトヘルペスウイルス)

②大人になり、体の疲労や強い精神的ストレスが出てくると免疫力が下がり、休眠していたヒトヘルペスウイルス(HHV6)が唾液として口腔に出てくる

③その唾液が口から鼻の奥にある嗅球(匂いを感じる場所)まで逆流し再感染。

④すると、たんぱく質であるSITH1(ウイルス)が作られ、脳細胞を殺すなどの悪影響を与えていく。

④うつ病発症!

Twitterでの反応

今回、うつ病発症のメカニズムを発表した近藤一博教授が原作のコミックエッセイ「疲労ちゃんとストレスさん」。うつ病になる前に読んでおきたい一冊。

疲労ちゃんとストレスさん

うつ病に関して思うこと

過労、強いストレスが引き金となる「うつ病」。

この病気を患っている人ってこの世にどれくらいいるのでしょうか。きっと、想像よりものすごく多くて誰がなってもおかしくない病気なんですよね。

自分も過去に身近な人がうつ病になった辛い経験があります・・・。思い出すと涙が出てくるので、あまり思い出さないようにしていました。

今回のうつ病発症には「ウイルスが関与している」というニュースに関しては朗報だなと思った反面、もう少し早く知りたかった。という気持ちが大きいです。

「気持ちが優しすぎるから」「精神的に弱いから」「恵まれた人間の甘えだ」なんて周囲は色々言うけど、うつ病って精神論だけじゃなくて、立派な脳の病気なんですよね。

例えば仕事や社会的活動、今その置かれている環境・立場から逃げて、休んだとしても、苦しみから解放されることの一つに「周囲の人の正しい理解」ってのがけっこう重要だと思うんです。

それはもちろん、過去の自分に対しても言えることだし、他人にばかり期待しているのではないのですが・・・。

「周囲にはこんな風に思われているんだろうなぁ・・・人と会う機会や道端でバッタリ会うのが怖い」そんなふうに自分の身近なうつ患者は怯えていました。

その患者に言われたことがあります。

『「うつ病は心に風邪をひいたもので、甘えじゃない。お薬飲めば風邪みたいに治るからね」。〇〇ちゃんにそう言ってもらえるとすごく嬉しい、ラクになるよ・・・』

ってほっとするように私に言ってくれたことを昨日のことのように思い出します。

私は当時、うつ病に関して「頑張ってって言わない」「無理させない」「しっかり薬飲ませる」「音楽療法する」「家事など負担かけない」など、それくらいしかあまり知識がなかったので心理学的にもどういう言葉をかけたら相手が楽になるっていうのがわからなかったです。

だから、何気ない言葉の選択によっては薬にもなるし、毒にもなるんですよね・・・。今回のようにウイルスが関係している科学的な話をうつ患者に伝えられていたら、気持ちがラクになる人大勢いただろうなって。。。

うつ病には色々思うことがあって、ひと昔「フリーター、家を買う」って嵐の二ノ宮くんのドラマあったじゃないですか。

あれたまに再放送してるんですけど、見る度に泣けてきちゃうんです。うつ病になったお母さん(浅野あつ子)の心情や、それを取り巻く家族の対応が。

うつ病って本人を支えるために家族は必死なんだけど、その家族も自分の生活(仕事や育児や介護や学業etc・・・)に必死だからその中で戦いながら折り合いつけないといけない。

長い人生の中でほんの数年だったら、相手のケアのために自分の何もかも投げ打ってもよかったのかもしれない。難しいけれど。。。

まとめ。辛かったら逃げよう

今回の件で、うつ病は脳の病気だってことが、もっと認知されてほしいです。そして、どんな病気でも偏見をなくす世の中になって欲しいです。

また、特効薬が早く開発され、病気で苦しんでいる人やその家族が少しでも心休まることを祈っています。

最後に。これだけは言っておきたいのですが、、、

いくらウイルスが最終的な引き金になるからと言っても過労死レベルで働いたり(働かせたり)、家族のために何かを頑張りすぎたり、ストレスが酷い環境は避けるべきです。

家庭を持ったりすると、みんなそれぞれ事情があって環境変えるのは難しいかもしれませんが…

今世をなんとか生き抜いて欲しいです。

辛ければその環境から逃げる覚悟を持つことも大事です。

長文最後まで読んでくださり誠にありがとうございました。